2017年01月09日

TOYOTA TANK試乗まとめ

TOYOTA TANK 試乗
TOYOTA TANK NAエンジンモデル

 昨年、TOYOTA TANKのNAとターボモデルに試乗してきました。ひとまずざっと感想をば……

 そうそう、比較対象は初代ラクティスです。

Good!

  • 室内は本当に広い。アホみたいに広い。自分は結構前寄りにシートを合わせるタイプなのだけど、後部座席を一番後ろにスライドさせて座ると、踏ん反り返って足組んでもつま先が前座席に触らないと言う、異常なまでの広さ。
  • Aピラーの角度が立ったので、右左折時に死角が減っている気がする
  • ターボモデルはNAエンジンの欠点(後述)を引き継いだまま、加速“だけ”は良くなってた。正直加速性能はラクティスと遜色ない。
  • 最小回転半径4.6mはさすが。
  • 後部ドア両側スライドはとても良い。
  • 2名乗車になっちゃうけど、自転車なら4台くらい余裕じゃないか?

Bad!

  • NAエンジンは上の伸びが弱い。回すとうるさい。新車だからか、3気筒だからかわからないが、がさつな回り方。アイドリングもディーゼルみたいにガラガラ言ってた。1,000cc 3気筒ってこんなもんなの? というか、これがダイハツの技術力? かなりここはガッカリ。
  • とにかくエンジンが残念。これだけで買う気が失せる。
  • そういう車じゃないのはわかるけれど、ラクティスで大好きだったパドルシフトの設定がないのが残念。
  • 前座席周りの物入れが少ない。広いんだから、ティッシュケースみたいなのを付けて欲しかった。
  • これはエンジンに次ぐ最悪の欠点なんだけど、リバース連動ミラーがオプションにない! サイドミラーで車庫入れする自分には致命傷。
  • スマートアシストIIなのはなぜ。今ならIIIじゃないの?
  • パノラミックビューが、ナビ画面ではなく、ダッシュボード中央にある小さなモニターにしか表示されないのは意味がわからない。いやまぁ、この機能をカーナビと分離させることで、カーナビがなくてもパノラミックビューが可能という利点はあるにせよ、恐らく見づらいような気がする。
  • シートはもう少し質感が良くても良いんじゃないか。バンに乗ってるみたいだった。

総評

 エンジンの未完成感がすごい。内装の弱さと、このエンジンでこの価格はないんじゃないの? だったらタントでも良いじゃないのってなっちゃう。
 ただしパッケージだけは最高だ。ウェイクやタントに魅力を感じていた自分としてはガーンとやられた感じ。

 これを買う条件としては、あのガサツなエンジンを受け入れられるだけの値引きがあるかどうかなんだけど、今、トヨタの想像を上回る売れ行きらしいので、それは期待できないでしょうね。

 ということで、恐らく我が家としては次のマイナーチェンジに期待して、あと2年ラクティスを乗ることになりそうです。

TOYOTA TANK 試乗
こちらはターボエンジンモデル。

タグ:物欲
posted by いっとく at 14:08| Comment(0) | 日常

2017年01月02日

今月の体重測定

 小竜と小虎が増えましたねぇ。とりあえずもう1ヶ月様子を見ましょう。

 いちごが、年末から食欲がイマイチなので、こちらも様子見です。

 たま小竜小虎いちご
2016年2月8日3000g4200g4300g4300g
2016年3月1日3000g4200g4300g4200g
2016年4月4日2900g4200g4300g4100g
2016年5月3日2900g4200g4300g4100g
2016年6月1日2900g4200g4300g4000g
2016年7月2日2900g4200g4300g4000g
2016年8月3日2900g4200g4300g4100g
2016年9月2日2900g4300g4400g4000g
2016年10月8日3000g4300g4400g4200g
2016年11月1日2900g4200g4400g4100g
2016年12月5日2900g4200g4400g4100g
2017年1月2日2900g4300g4500g4100g
posted by いっとく at 16:49| Comment(0) |

2017年01月01日

あけましておめでとうございます&今年の目標

 あけましておめでとうございます
  今年もよろしくお願い申し上げます

 「さくらブログ」に移行してから2年が過ぎました。早いもんです。というか、去年は本当に早かった。光陰矢の如し。先週のことだったかな? と思い返すと3ヶ月前のことだったり、本当にびっくりするくらい早かったです。

 こうしてあっという間に年を重ねていくのでしょうねぇ。はぁ。さておき!

 さて、それでは今年の目標行ってみましょう!

自転車

 今年は自転車の目標は定めません。なにせ乗る時間がない。ストレスMAX! でまぁその分をギターで晴らしているわけなのですけどね。

 体は衰えるばかりですし、無理してでも乗らなくちゃならんのですが、疲れる方が先。この仕事をしているうちは無理難題なのです。

ギター

 全くマスターできない課題曲、高中正義氏の SEVEN GOBLINS 。去年でどうにかマスターできるかなと思っていたけれどもそれは甘かった。

 JC-22はまだ買えていませんが、昨年はエフェクターを2台増やしました。ファズとフェイザーです。これにより歪み系は4台となり、さらなる音作りの闇へと進むことになるのでしょうねぇ。

 今年は少なくともJC-22とCP-1Xをゲットしたいところです。そして課題曲の完全マスター。これが今年の目標です。

仕事

 去年は本当、辛い1年でした。今年は少なくとも……

 ……。

 新天地を求めているのです。終の住処というか、定年まで落ち着いて働けて、定年後もその業務に関連した仕事で細々と生きていければなぁとか。

 今の仕事はもう体力的に限界。きついったらありゃしない。毎日じゃありませんが、朝4時に起きて5〜6時から仕事して、下手すりゃ休憩なし、食事なしで夕方までやることもある。

 別に休憩を取っても怒られはしないのですが、そうすると1日で終わらないので、余計な2日目が発生することになる。結局皺寄せが来るのは自分なので頑張るしかない。

 とはいえ、そうそう転職なんてのは無理ですので、今年はその地固めとしての1年としたいですね。何がしたいのか、何ができるのかをしっかり見極めたい。

 なんてやってるうちに定年までやってそうですが。(´ω`)


 とにかく少しずつ動いていきたいですね。時間は限られているのですから。

posted by いっとく at 00:00| Comment(0) | 年始

2016年12月23日

one control Baltic Blue Fuzzをゲット

one control Baltic Blue Fuzz

 MXR Phase 95が届いたばかりなのに、ファズ追加購入です。というのも、前エントリーの通り、まさか妻がPhase 95を買ってくれるとは思ってもいなかったので、自分で自分のクリスマス用にポチっていたのです。(鬼) ということで、ほぼ同時期に2つのエフェクター追加です。ああこりゃこりゃ。

 そもそもファズというエフェクターは好きじゃありませんでした。なんとなくモコモコした歪み方だし、なんとなく自分の弾きたい曲には向かないと思い込んでいたというのもあります。

 ところが最近、いろいろと次の歪みを調べているうちに、こんな一言が目に飛び込んできました。

「ディストーションやオーバードライブは、アンプを歪ませることで手に入るが、ファズだけはエフェクターでないと手に入らない音なのだ」

 と。

 ん? あれ? そうなの? となるとちょっと気になるなぁ。そうだ、YouTubeで音を聞いてみよう。

 てことで、聞いてみた所、なんと意外と良いじゃないですか。最近ウォームな歪みが好きになってきたのか、音も太くなるし、このジャリジャリした音は使いでがあるかもしれない。

 んで、推測なんですけど、高中さんの曲でもこんな歪み方してる曲がありませんかね。意外と高中さんもファズ使ってたりして?

 となると、何が良いのか一つに絞りたくなります。でもって随分調べたのですが、このファズもまた、混沌としていますね。調べれば調べただけ、わけがわからなくなります。こうなるともう、いつものようにブランドで絞り込んでいくしかないか……とかなんとか。

 とりあえずBOSS。まぁ、そこそこ優等生な感じ? でもこう、なんというか、もうちょっと説得力が欲しい。んであれこれ見ていたら、最近気になるギタリストさんのレビュー動画がありましてね、それでもこのone control Baltic Blue Fuzz(以下、Blue Fuzz)の動画があって、それを見たらガーンとやられてしまったわけです。

 どうです。かっこいいでしょう。音も良い感じ。詳しくはないのですが、Electro-Harmonix Big Muffというファズを基本に作られているとかなんとか。なわけで、早速家族会議。妻は私の趣味には非常に寛大なので、まず反対はされませんが、資金繰りをどうするのよ? ということで、そこから金策に走り、どうにか(買うべき他のものを後回し)注文が可能になりました。

 早速音出し。ギターはフジゲンのFGN NST102M-2TSで。セッティングはデフォルトのつまみセンター。もうこの時点でめっちゃ良い感じ。モコモコっとした膨らみのある、そしてジャリジャリとした音。まとわりつくような歪み方。うまく言葉で説明しづらいので、そこは上記動画で。^^;

 何が凄いって、この小さな筐体の中に、006Pの電池が入ってしまうんですよ。Ibanezのミニサイズは電池駆動不可能だというのにね。びっくりです。ま、自分はAC駆動しかしないので関係ありませんが。(^_^;

 接続順ですが、バッファアンプ>AW-3>Ibanez Tube Screamer Mini>Blue Fuzz>OD-1X>DS-1X>Dyna Compとなります。順番はまぁ、正直適当です。恐らく、後に接続したものの音の影響を受けると思われるので、その辺を鑑みつつ、今後また順番を入れ替えていくのかなと思います。JC-22を買ったとしたら、センドリターンも使ってみたいですしね。

 このBlue Fuzzは、高中さんの曲の中で比較的派手に歪ませている曲で使いたいなと思っています。

one control Baltic Blue Fuzz

posted by いっとく at 19:00| Comment(0) | ギター

2016年12月22日

MXR Phase 95 を入手!

MXR Phase 95

 MXR Phase 95が我が家にやってきました。というのも、発売されてからずっと気にしてはいたのですが、経済的理由でなかなか手にすることができませんでした。ところが、発売直後に妻が購入していて、今日まで隠していたらしいのです。クリスマスプレゼントということで。

 ……泣くしかありますまい。(/_;)

 ということで、早速セットアップ。歪み系や圧縮系の後、空間系の手前に置きました。

 このMXR Phase 95は、Phase 45とPhase 90の二つと、さらにそれぞれのスクリプトロゴのPhaseを加えた、計4種のフェイザーが合体したものとなっています。もともと欲しいなと思っていたのがPhase 90でしたので、その他のフェイザーが3つ付いてきたようなものです。すんばらしい!

 まずはPhase 90モードをノーマルでテスト。うん。普通にフェイザーの音です。人によってはもう少しキツくても良いと思うかもしれません。

 ここでScriptスイッチをON! ん? あんまり変わらないかな。説明書によるとヴィンテージサウンドに切り替わり、フィードバックのかからない音になるみたいなんですが、なんだろう、逆にちょっとかかりが強くなるように感じました。

 次にPhase 45モードのノーマル。うん。弱い。(笑) 非常にうっすらとかかりますね。これ、どう使うんだろうと思っていたのですが、よくよく音を聞いていると、意外と良いですよ45! なんというか、主張してこないので、かけっぱなしにしてても良い感じです。さり気ない効果が欲しい時に役に立ちそう。正直、90より好みかも。

 Phase 45モードでScriptスイッチをONにしてみます。やっぱりヴィンテージサウンドの方がちょっと癖が強くなる印象ですね。でも微妙な違い。これはこれでアリですが、もうちょっと差別化されていても良かったような……と言いつつ、Scriptロゴの製品を反映させたものですから、勝手に違う音にするわけにも行かなかったのでしょう。より癖の強いフェイザーが欲しいなら、BOSSなんかを選んだ方が良いかもしれません。

 まぁ回転系で癖の強いものが欲しいならフランジャーもありますし、このMXR Phase 95はこれで正解なんだろうと思います。心地よいフェイザーサウンドに、思わず笑顔ほっこりです。この手のエフェクターは飛び道具的に使うことが多いと思いますが、Phase 45モードについてはそれこそかけっぱなしでソロを弾いていても嫌味がありません。ちょっと、イーグルスのホテルカリフォルニアのソロみたいな感じになりますよ。

 ちなみに電池駆動はできません。最近のこの手のタイプのミニサイズはこういうのが多いですね。まぁ自分はそもそも電池駆動は考えていないので全然問題なしです。

 あと、心なしかオンにすると若干音量が上がります。気になるならPhase 95の後にコンプレッサーを持ってくればいいのかな。どの程度効果があるかわかりませんが。

 いやとにかく、久々に「使っていてニヤニヤしてしまう」エフェクターに出会いました。Phase 95が……というよりも、フェイザーそのものにやられてるのかもしれませんが、1台で4種のフェイザーを楽しめるという点では、オススメできると思います。

MXR Phase 95

  箱はこんな感じです。

MXR Phase 95

 開けるとこう。電池駆動ができないせいか、ACアダプター付きです。ありがたいですね。まぁ持ってる人はその分安くしろでしょうけども。

MXR Phase 95

 ACアダプターは通常通りのセンターマイナス9V。

posted by いっとく at 19:00| Comment(0) | ギター