2018年08月24日

左足 下腿三頭筋 筋挫傷という名の肉離れ

 実は半年前の2月6日に、仕事中に脚を痛め、「左足 下腿三頭筋 筋挫傷」をやらかしました。労災です。要するに、ふくらはぎの筋肉を痛めたのです。

 状況の詳細は省きますが、やっちまった時は「あ、攣ったかな?」という感じだったのですが、何をしても元に戻らず。そして痛みだけが増え始め、少しずつ歩行不能に。

 時間が遅かったので病院は明日にしよう。と、帰宅して安静にしていたら夜になって寒気が。ありゃ? と思う間もなく熱がガンガン上がってきてしまい、もう寝る以外何もできず。

 これが火曜日で、水曜日〜金曜日は有休を使いひたすら寝てました。なにせ、歩けないので整形外科にも内科にも行けない。よって脚の状態も、この熱がインフルエンザなのかどうかもわからず。

 しかしインフルエンザだとやっかいなので、念のためを考え、外出禁止期間まで家で安静にすることに。結局これは内科にかからなかったのでなんだかわからないまま。

 1週間後に整形外科にかかった所、骨や腱には異常はなかったそうで、「左足 下腿三頭筋 筋挫傷」という診断でした。で、3週間安静と。医者はあっけらかんとしたもので、次回の予約も、痛み止めの処方もなく、「3週間過ぎたら治るよ」とでも言いそうな雰囲気。こちらは頭に「?」をたくさん浮かべながら帰宅。

 もうそこから大変。痛みは増す一方で、ふくらはぎに一切の接触、衝撃、そして力を入れることができない。やれば激痛で、ズキズキが収まるまで10分以上、その痛みは自然と涙がこぼれ落ちるほど。最初は普通の杖を買って家の中を移動していたのですが、とにかく左脚に一切の体重を載せられないので、1本じゃダメだ、2本で松葉杖のようにしないと。ということで、さらに追加で「ロフストランドクラッチ」というタイプの杖を2本買いました。↓こんなの。

 しかしこれでも、歩く際の僅かな衝撃が脚に響き、とにかくしんどい。昼間は在宅で仕事をしないとならないし、途中トイレにも行くし、食事の際にはキッチンへ移動しないとならない。

 ということで、今度はキャスター付きのスツールを買いました。

 安かったですが、思っていたよりしっかりした商品でしたね。価格から、もっとひどいのが来ると思ってました。(笑)

 しかし、これを使って座って仕事をしていると、当然ながら脚は身体の一番下へ行きます。するとすぐに血流かリンパか(わかりませんが)が下へ降りてしまうのか、ふくらはぎがパッツンパッツンになるほどむくんでしまい、それがまた新たな疼痛を生むようになってしまいました。

 しばらくはこの痛みと戦いながら仕事してましたがさすがに耐えられない。ということで、妻に「ロキソニンS」を買ってきてもらって服用するようになりました。

 服用初日〜4日目位までは良く効きました。痛みも半減。歩行も杖は使いますが、痛みに悶絶することもありません。すごいですね。

 しかしそこから慣れてしまったのか、飲んでも痛みが取れなくなりました。こうなるともう飲まない方が良い。てことで服用停止。ここからまた痛みとの戦いが始まります。

 この辺で負傷から2週間。当初の痛みよりも7〜8割という感じになってきて、痛いながらも耐えられるように。ロキソニンの服用もやめました。

 話は変わりますが、この間で2度ほど、スーパーに買い物に行ってみたのですが、備え付けの車椅子って、専用駐車場から離れたところにあるんですよね。まぁ普通は自分の車椅子を持ってくるものでしょうから、自分は特異なパターンなのかもですが、場合によってはフロアを移動(駐車場は3Fより上、車椅子は1Fでないと借りられない)しないとならないこともあり、この辺の環境は良くないなぁと思いました。

 これじゃイカンということで、車椅子の購入を考えますが、決して安くはありません。で、そうだ、レンタルがあるじゃないかと調べると、月額数千円と、これも意外と高い。まぁでもしょうがないかなーともう少し調べてみると、なんと、区で車椅子を貸してくれるという記事を発見。妻に調べてもらったらなんと3ヶ月無料!!! これ行くしかないでしょう! てことですぐに区役所へ行って手続き。レンタルだからボロいのが来るのかと思ったら結構新しい、ピカピカなのが来ましたよ。偉い! さすが!

 ということで、痛みが穏やかな日はなるべく外に出るようにしています。といってもまだ2回位ですけどね。

 生まれて初めて車椅子で外に出るという体験をするようになって、いろいろ気付いたことがあります。ちょっと羅列してみます。

  • 思っているよりも幅を使うので、スーパーの通路は気を使う。混んでる時間帯は行きたくない。
  • 自分の位置が下がるので、意外と周りの人の目に着いていない。
  • ただし、気付いてもらえるといろいろ気を使ってくれる人が多い。ありがたい。
  • 後ろから歩行者に抜かれると結構びっくりする。(追い越す時は距離を取った方がよさそう)
  • スーパーの棚は、上の方は取れない。見えない。
  • 歩いてる時より下の方に目線が移るので、普段通っているスーパーでも、見える商品が違う。

 やってみないとわからないとはよく言いますが、これも良い経験でした。いやとにかく自由は効かなくなりますね。いろいろが面倒になるので出不精になります。まだまだ世の中はバリアフリーには程遠いのかなという印象を持ちました。

 1ヶ月後にふと気付いたのですが、左の太ももが3割減くらいに細くなってました。また自分ではわからなかったのですが、妻曰く、「(車椅子で)腕が太くなってない?」とのこと。筋肉ってあっという間に萎むし、あっという間に成長もするんですなぁ。

 労災からもう半年が過ぎましたが、まだ満足に外出が出来ていません。外が猛暑で危険というのもありますが、どうにもすぐ疲れてしまって出不精になってしまってダメですね。

 今は整骨院へ転院して治療は続けていますが、なんとなく、これは一生治らないような気がしています。ここ3ヶ月位進展が見られません。日常生活に支障はありませんが、足首の可動域は左右一緒になりませんし、触れば痛みはあります。もうこの辺でケリを付けて、この痛みとともに歩んでいくことを考えなければならないのかなと思いつつあります。

 整形外科では筋挫傷という診断でしたが、恐らく、そんなものではなく肉離れだったのではないか……とは整骨院の先生。初期の治療でギプスを使用していればもっと完治は早かっただろうと。

 思えば整形外科でまともな先生に出会ったことがなかったのですが、今回もそうだったのかと。整形外科は疑ってかかれと常に思っていたことなのに、信用してしまった自分を呪います。あまりの痛みで正常な判断を失っていたのかもしれません。

 また、しばらくしたら進展を書いてみようと思います。

タグ:病床
posted by いっとく at 10:51| Comment(0) |

2018年07月25日

さようなら、いちご。

いちご

 各SNSですでに書いておりますが、我が家の飼い猫「いちご」が、去る7月25日の21:30頃に天に召されました。10年と10ヶ月、5日の命でした。

 ここから、異常発覚から今日までをざっくり書いていきます。自分の記憶の整理も兼ねて。

 いちごは2012年3月頃に血尿があり、クリニックで診てもらったところ、膀胱炎ということでした。獣医からはストルバイト対応のフードに変えてくれということで、「美味しくないようなので、食べないかもしれません」と言われていたのにガッツガッツで食べていたのを思い出します。

 良くなる気配がないので、2014年4月に転院。エコーで確認してもらいましたが細菌性の膀胱炎ということで、原因は変わらず。この頃から、所構わずおしっこをするようになってしまい、基本、3階建てのケージに入るようになりました。ご飯や遊びの時には出していました。

 2015年5月末、再びエコー検査にて、膀胱内に影があるのを確認。腫瘍の可能性も含みつつ、点滴を打っておしっこを促して、膀胱内洗浄も行い、様子を見ることに。これで小さくなれば腫瘍ではないと結論付けられると。これでしばらく入院していました。

 丸2日が過ぎて経過を聞きに面会へ行ったところ、なんと影は小さくなっていると! これで腫瘍の可能性は消えたと。そう思っていたのです。

 その後、定期的に膀胱洗浄や検査のために何度か通院。影は少しずつ大きくなっていました。

 2015年6月に再び入院。膀胱の影の大きさは変わらず。ただ、悪さをしている様子はないので、経過観察に。

 2015年7月。影は少し大きくなっていました。

 2016年4月。エコー検査で影が1cm以上になっていました。膀胱内なので外科的摘出も難しく、このまま一生付き合っていくしかないということを言われました。

 歩かせればそのたびにおしっこが出てしまうような状態。猫用の布団がすぐにダメになってしまう始末。しょっちゅう洗濯する必要がありました。どうにも、自分のタイミングで排尿できないようで、体を動かすのをきっかけに出てしまうようです。この頃から猫部屋でしっこ祭り開催。

 2016年12月31日、食欲がなく食べても吐き、様子もおかしいので、終了していたクリニックを叩き起こし、導尿と皮下注射。

 2017年に入ってから、あんまり食べなくなり、少しずつ痩せていきました。食欲がない分、まめにフードを変え、クリニックには導尿に何度も通いました。

 3月にまた入院。CPKという数値が2200を超えていて、膀胱も膨れ上がり、腸を圧迫していたとのこと。再度手術の相談をしたものの、膀胱の手術は骨盤にも手を入れないとならず、非常に難しい手術となり、術後のケアも大変だと言われました。

 退院時に「尿道がふさがっており、導尿しないともうおしっこが出ない」という状態と言われました。一回の導尿で5,000円ほどなので、毎日通ったら15万円。さすがに無理だ。食欲や排尿の様子を見て、おかしいようだったら連れて行くということになりました。自宅で膀胱圧迫を試すもうまく行かず。

 しばらくすると、どうも排尿しているようだ……ということが、猫砂の様子からわかりました。食欲はあまりない。通院は時々……というスパンになりました。時折血尿あり。

 6月頃、膀胱炎再発。薬や膀胱洗浄を行う。

 暇さえあれば、所構わずおしっこをしているような状態。出ていることは良いことだということで、経過観察。

 2018年5月頃から少し食欲が上がりました。排尿も出来ているようだ。時折通院。そろそろ医療費がやばいよねという話を妻とする。バイトをするか、貯金を崩すか……。

 ちゅ〜るに「ハイカロリー」や「総合栄養食」があるのを知り、大量購入。はじめは食べていたものの、これも食べなくなります。そしてどんどん痩せていきました。妻も、何を食べさせてよいのか考えあぐねている様子。

 通院も、治療メニューは変わらず。膀胱炎も治る気配なし。

 いちごのご飯に時間がかかるのと、食べ終わってからの甘えがすごい。無碍に突き放せないのもあり、夜中まで付き合うこともしょっちゅう。

 体重は健康時から1.5kgほども落ちていました。見るからにガリガリ。

 2018年7月7日、獣医から「治療はやり尽くした。後は最後まで後悔のないように付き合っていって」と言われます。まさかそんな。腫瘍の大きさは35mm×20mmの大きさになっていました。常に膀胱が膨れているので、おしっこをしたい気持ちになってトイレに行くが、なんにも出ない……を繰り返すようになりました。導尿のスパンは3日おきくらいに。

 とにかく食べさせようと、しょっちゅうペットショップへ行ってはたくさんのフードを買います。しかし、あんまり食べてはくれません。

 2018年7月14日、2週間ほどまともに食べないのでクリニックへ。抗生剤、止血剤等の注射。

 獣医に相談したら「吐かないのなら給餌器を使うのもあり」と言われ、注射器状の給餌器を買って食べさせました。

 自分もそろそろ覚悟を決めなければ……と気持ちを切り替える……なんて出来なかった。

 20187月22日通院。膀胱が固くなってきているとのこと。

 2018年7月25日に切り替わった頃、様子がおかしい。歩くのもやっとな感じでフラフラしている。真夜中なのでかかりつけ医には行けない。急遽「夜間救急動物医療センター」へ連絡して駆けつける。問診をし、「どこまで治療を望みますか」という話になったので、現状何で苦しんでいるのか、それが取れるなら取ってほしいというような話をした(あんまり覚えてない)。脱水していたので皮下点滴、導尿をする。その他なにか注射してもらったようだが覚えていない。午前3時頃に帰宅。

 夜が明け、妻がすぐにかかりつけクリニックへ。一時預かりで点滴。

 14:20にクリニックから電話。容態が急変したのですぐに来てくれとのこと。急いで駆けつける。

 これ以上の治療はできません。と言われて覚悟を決める。目の前で七転八倒しているのを見て「とにかくこの苦しい状態を和らげてほしい」と伝え、鎮痛剤のようなものを注射(なんだったか覚えていない)。これで痛みは取れるので、後は最後まで看取ってあげてくださいということで、いちごをつれて帰宅。

 小虎、小竜、たまちゃんに最後のお別れ。私達二人もつきっきり(で居たかったけれど、自分は仕事があったので時々離席。在宅でよかった)で見守る。呼吸は早いが、辛くはなさそう。暴れたりはありませんでした。

 21:30、妻が「呼吸が止まった」というので声を掛けるものの、そこで終わってしまいました。

 以上、最初の異常発覚から6年ほどでした。いちごもすごい頑張った。ですが、長生きはできませんでした。

 亡くなる前に「いちご、今まで楽しかったか?」と聞いたら「カッ」と息を吐くように返事してくれました。なんと言いたかったのかわかりませんが、ウチのコの中では一番よくお返事してくれたので、最後まで返事してくれたのは嬉しかったです。

 今はもう目の前にいちごはいません。未だそれが受け入れられません。返事もない。触れもしない。記憶だけしか残っていない。過去にいろいろペットは飼ってきましたが、これほどに居ないことが堪えるコはいませんでした。

 亡き父親から「生き物はいつか死ぬ。だからそのことを悔やんではいけない。それまでの時間を悔いなく過ごせれば悔やむこともない」というようなことを言われて育ってきました。いちごには、可能な限り、やれることを精一杯やってきました。それに後悔はありません。しかし、居なくなったという事実はどうにもこうにも……

 でもいちごはこんな自分の姿を望んではいないはずです。今は泣きたいほどですが、少しでも早く、いつもの生活に戻りたいと思います。

 長々と、ありがとうございました。

タグ:いちご
posted by いっとく at 23:59| Comment(2) |

2018年06月05日

Canon PowerShot SX720 HSを手に入れる

20180605_11.jpg

20180605_12.jpg

20180605_13.jpg

 仕事で使っていた、Panasonic LUMIX DMC-TZ40(以下、TZ40)が不調になりました。望遠に行くに従い、画面の下端にケラレが生じるようになったのです。レンズと撮像素子の光軸にズレが生じてきているのでしょう。

 修理を考えましたが、そもそもこのカメラ、仕事でもプライベートでも使えるよう、自分で買ったものなのですが、これがまぁ、撮った絵がお世辞にも良いとは言えない。我慢に我慢を重ねても、これを持ってプライベートのお出かけに使う気になれない。ということで、お蔵入りにすることにしました。

 1/2.3型センサーにもう期待はしない。しかし、仕事で使うことがメインなので、高いのは買いたくないし買えない。よって、次はプライベートで持ち歩くことを考えずにいこう。てことで、素直に会社に買ってもらいました。

 機種は[Canon PowerShot SX720 HS](以下、SX720)です。

 仕事で使うために高倍率ズームが必要でしたので、そこから機種を絞り込んで行きました。

 まずはPanasonic LUMIX DMC-TZ85でしたが、Amazonレビューを読んでいるとヴィーナスエンジンにバグがあるらしく、望遠で撮影すると像が流れることがあると。さらにこのバグがチップのプログラムのため修正も不可能だということで、真っ先にボツ。

 で、次に見つけたこのSX720です。レビューも一部悪い点が書かれていましたが、欠点ではなく初期不良的なものと思われたので、これは店を選べば問題ないだろう。てことで、後は価格。これもお店との交渉で会社予算額以下になり、問題なし。

 購入はケーズデンキさん。TZ40を買う時は高くて話にならなかったのですが、今回は満足行く金額を提示いただきました。

 ということで、我が家にやってきたSX720、どんなものかレビューしてみたいと思います。

 とりあえず思いついた順に……

 まず機能的に残念に思ったのが、[GPSが無いこと]と[静止画撮影時に水平線が出ない]こと。これらはかなり悲しい。水平線についてはアクセサリーシューもないので、水準器をつけることも出来ないのでお手上げ。ただし、GPSについては、スマートフォンにインストールしたCanonのアプリ[Canon Camera Connect]により、スマホの位置情報を撮影した画像のEXIFに記録することが出来るそうなので、まぁ、無いよりは良いかなと。旅行などでは、到着した場所の1枚目に位置情報を登録すればだいたいの位置はわかりますしね。まぁ、それをするよりも、同じ場所でiPhoneで撮っておけば良いだけの話でもあります。

 起動、終了、ピント合わせはTZ40よりも上。

 望遠端でピントが合いづらいという意見をネットで見かけましたが、まぁこんなもんじゃないのかな。ちゃんとコントラストの高いところに持っていけばすぐ合う方だと思います。

 40倍(換算24mm〜960mm)ズームはやはり良いです。欲しい絵が必ず手に入る。そんなキャッチを付けたくなるくらい。m4/3のLUMIX GX7では最高で350mmでしたから、その倍以上で撮れるのは面白くてたまりませんね。

 バッテリーがとても小さいです。サブでもう1個買っておきたいと思いつつも、なんと、定価7,000円もします。高すぎ! せめて4,000円台でしょうが。撮影枚数は250枚ということなので、旅行へ行くなら確実にサブバッテリーは必要ですね。USB給電による充電もできるようですが、ネットを見ている限りではモバイルバッテリーでの充電はうまくいかないようです。これは後日実験してみたいと思います。

 アクセサリがほぼ無いのがつまんないですね。ケースくらいしかないです。できればワイコンくらい欲しいなぁと。あ、これは仕事の都合上なんで単なる愚痴ですけども。

 撮像素子は、TZ40は[1/2.33型 総画素数1890万画素MOS、原色フィルター]と[新開発ヴィーナスエンジン]で、SX720の方は、[1/2.3型 総画素数2110万画素CMOS 裏面照射型]と[画像処理エンジン DIGIC 6]ということだそうですが、すでにこの時点で4年ほどの時間の開きがあるわけですし、メーカーも違うので、単純に比較してはいかんと思いつつ、正直、「1/2.3型センサーなんておもちゃみたいなもんだよ。カメラなんて語れないよ」と思っていたわけですよはい。

 しかもTZ40は絵がなんというか、平面的で全体的にぼやっとしていて、見ているのが辛い画像でした。なので、SX720も期待していなかったのですが、いざ撮影してその画像を見るとびっくり! かなり良い! そりゃあ確かに我が家のフラッグシップ、Panasonic LUMIX DMC-GX7には劣りますが、想像以上の出来の良さ。これはもう鞄に入れっぱなしにして、常に持ち歩きたいカメラであると言えますね。

 また、かなりデジタルズームが使えます。画像処理ソフトで拡大しただけの画像よりも解像感があります。積極的に使っていけそうです。

 これにより、焦点距離は、24mm〜960mmまでの光学ズームに加え、最大160倍のデジタルズームですから、理論上3840mmの超望遠。月なんざ画面いっぱいに写ります。

 Canonが言うところの「プログレッシブファインズーム」というデジタルズームは、80倍がMAXということらしいので、160倍のデジタルズームは、恐らくカメラ内で中心部分を切り出した上で拡大している(80倍も160倍も撮影後の画像サイズが同じなため)のかもしれません。

 さらにデジタルテレコンバーターがあり、これを2倍で使うと320倍(換算7680mm!?)となり、もうわけがわかりません。恐らくこういう使い方じゃなくて、F値を小さく抑えてシャッタースピードを上げて撮影したい時に使うもののようですね。

 このような高倍率ズーム機は、フレーミングが大変なのですが、それをサポートするのが[フレーミングアシスト]機能で、これを長押しすると一旦ズームを引いて、アングルを決め、ボタンを離すとまた元のズームに戻るというものです。なかなかよく考えたな〜と思いつつも、慣れないこともあって、どうしても手でズームを引いてしまいますね。(汗

 コントローラーホイールがですね、結構使いやすいです。最初は、十字キーとホイールは別物だと思っていて、ホイールに触らないように十字キーを爪を立てて押していたのですが、これ、ホイールごと押せるんですね。これを知ってから非常に押しやすくなりました。

 以下、撮影画像のレビューです。

20180605_01.jpg

 広角端(換算24mm)です。なんだかよくわかりませんね。

20180605_02.jpg

 だいたい光学20倍(換算480mm)ズームです。ステップズームも出来ず、焦点距離表示も細かくないので、だいたいです。

20180605_03.jpg

 光学40倍(換算960mm)ズームです。何があるのかはわかるようになってきました。

20180605_04.jpg

 デジタルズーム80倍(換算1920mm)です。空気のゆらぎがわかりますね。

20180605_05.jpg

 デジタルズーム160倍(換算3840mm)です。手前にある船は形状がわかりませんが、空気のゆらぎもあるので頑張ってる方だと思います。

20180605_06.jpg

 換算79mm相当。m4/3のLUMIX GX7ですと背景はそれなりにボケますが、さすがにこのセンサーサイズだと全くと言っていいほどボケませんね。

20180605_07.jpg

 月をほぼ最大倍率の160倍で撮影したものです。“ほぼ”と書いているのは、最大にするとフレームに収まらないのでちょっと引いています。ノイズも少なく、解像感もしっかりあるし、クレーターが潰れていないので、相当頑張ってますね。

20180605_08.jpg

 換算466mm相当です。もっとアップで撮りたかったのですが、流石にこの焦点距離になると、動く被写体をフレームに収めるのは至難の業。ということでちょっと引きました。

20180605_09.jpg

 広角端(換算24mm)です。ちょっと太陽を入れてみました。なかなか良く撮れてます。

20180605_10.jpg

 換算88mm相当です。若干のっぺりしてしまっていますが、自分の目には合格ラインかなと。TZ40はもっと平面感がすごかったです。

 というわけで、CanonのデジタルカメラはCanon IXY DIGITAL L4から12年ぶりですが、Canonもなかなかやりますね。カメラはNikon派でしたが、Canonも今後検討しても良いかなと思いました。

タグ:SX720
posted by いっとく at 20:41| Comment(0) | カメラ

2018年01月01日

あけましておめでとうございます&今年の目標

 あけましておめでとうございます。
  本年もどうぞ宜しくお願いします。

 今年は本当に不安しかありません。宝くじでも当てるしか、生き残れる手はないわけなのですが、本当にどうしましょう。

 という気持ちのまま、今年の目標行ってみましょう。

ギター

 目標というか、現在の課題曲[Seven Goblins][Plumed Bird][The Moon Rose][Le Premire Mars][You can never come to this place][Ready to Fly]を少しでも進める。もうミスなく弾けることは諦めた。この1年で、少しだけでも上達すれば良しとしましょう。

 それと、今年こそ動画サイトデビューしてみたい。YouTubeは、高中コピーに関して非常に評価が厳しいので、まずはinstagram動画にしてみようかなと。録画時間はMAXで1分ということなので、ちょっとだけよ〜んという感じで。

 録画環境が全く整っていませんが、まぁ、下手に凝らずに全部iPhoneで録画・録音ってことで良いでしょう。後は撮影場所ですが、これは工夫が必要なので、ちょっと時間がかかりそう。

 エフェクターは、ほぼ欲しいものが揃ったので、今年はそんなに買わない予定でいます。でもスイッチャーは手に入れたいなと。欲を言えばBOSS ES-8ですが、ちょっと高いのと、高機能すぎて使いこなせる自信がないのとで、one controlの新し目のスイッチャーが良いかなと思ってます。

 これにより、ボードを新調し、ワイヤリングも新しくしたいのですが、そもそも外に出ませんし、ボードも不要かなとかなんとか。まぁこの辺は追々考えていきます。

 もしくは、愛機YAMAHA SG-1000Nのフルメンテナンスをしたいです。ブラスパーツは、ペグを除き全て買ってあるので、入れ替えるだけ。電装系も全て新品に入れ替えたいですね。

 ピックアップも変えてみたい。けど、何が良いのかよくわからず。高中正義さんと同じもの……とか思ってみても、どこの何を付けているのかの情報がほとんど見つからず。かといって見た目だけ似せてもしょうがないし、今の音にあまり不満はなかったりするのですね。でも、ピックアップカバーが経年劣化で壊れつつあるので、何かには変えてみたいところ。

 リフレットとリフィニッシュもしたいです。塗装を一旦剥がすので、ヒールをもう少し滑らかにしてもいいかな。SG-2000みたいに。

 とにかくこの辺をいっぺんにやると、もう1本良いギターが変えてしまうほどかかると思われます。なので、一番お金のかかるリフィニッシュは置いといて、それ以外はやってみたいです。

ウクレレ

 2007年にウクレレを手に入れて、少しハマって、その影響で2014年にまたギターを再開したわけなのですが、この3年ほどはウクレレからはすっかり離れてしまいました。

 ということで、今年はまたウクレレを復活させたいと思います。とりあえず今年は調子を取り戻すために費やします。急ぎません。のんびりやります。

仕事

 今の会社に入ったのは2011年の春です。もう6年になろうとしています。その会社が倒産寸前です。ずっと赤字続きで来ていましたが、今後、月の売上が1度でも目標を下回った時点で会社を畳むそうです。経営は上のやることなんで、自分は来た仕事をとにかく速く、正確に上げていくしかできません。

 下手に怯えて過ごすより、とっとと新天地を見つけるしか、残る手はないのです。と、言ってみても、自分にそんな実力があるとは思えませんし、長いこと生きてきて、何か一つでも人より秀でたものがあるわけでもないですし。

 まぁ、新天地がないことを嘆く気はありません。そういう生き方をしてきたのですから自業自得です。そこは十分わかっています。要するに、生きていけなくなったら死ねばよいのです。今年は、なるべくそうならないように、常に考えて行く1年となるのでしょう。

 会社がいつ終わるのかわかりませんので、のんびりもしていられませんが、今年はそんな1年です。


 ということで、どんな1年になりますか。苦労しないよう、宝くじだけは忘れずに買い続けようと思っています。www

 それでは、2018年スタートです!

続きを読む
posted by いっとく at 14:33| Comment(0) | 日常

2017年12月30日

今年を振り返る2017

 今年は実に騒々しい1年でした。

 仕事では会社が倒産寸前となり、来年には失業者となる可能性がまだ消え去っていない上に、減給の可能性も。そんなわけですので、来年は更に激動の1年が待っているのでしょう。まぁ、なるようにしかなりません。

 それにしても今年はライブにたくさん行きました。

  • 山下達郎さん
  • 角松敏生さん
  • 吉川晃司さん
  • さだまさしさん
  • 高中正義さん(2回)

 あと、[CROSSOVER JAPAN]、[80's Dream 90's Magic PREMIUM CONCERT]にも行きました。

 どういうわけか、とにかく「おっ」と思ったライブは申し込んでましたねぇ。お陰で楽しい1年でしたが。来年もそうありたい所です。

 それでは今年一年の目標の反省から。

自転車

 全く、全然、乗っていません。ロードは1度も跨いでいなかったと思います。STRiDAとBROMPTONだけ。しかも。この1年で100kmも走ってない。

 恐らく、自転車のことを年末年始に書くのはこれが最後でしょう。

ギター

 目標の課題曲マスターは、今年1年かけても無理でした。とにかく難しい。

 それと、なんということか、Fender American Elite Stratocasterを買ってしまいました。これで練習がはかどる! そして、さらにストラトの魅力に取り憑かれることになりました。

 エフェクターもそれなりに増え、やっと音作りも一段落し、後は練習するのみです。とにかく今はギターを弾くのが楽しいので、この調子で来年も練習を続けたいと思います。

 いやそれにしても今年はエフェクターを随分増やしました。ざっと見ても、

 買いすぎっちゃ買いすぎ。www このうち、[Ibanez Super Metal Mini]は手放しました。

 今のメインはBOSS OD-1Xです。歪みペダルはいろいろ買いましたけど、結局最初に買ったこれに戻ってきたという。そして、このペダルによって、ストラトの音作りがひとまず完成しました。今後でまた変わってくるのかもしれませんが、今は非常に満足しています。

 今年はピッキングに捧げた1年でした。しかし全く上達していない。(笑) でもヒントは掴みつつあるので、いずれ花開くことでしょう。たぶん。恐らく。

 来年も精進しますよ。ええもちろん。

仕事

 恐らく近いうちに会社は倒産します。会社のことは上の人に任せて、自分は早々に次の人生を探し始めなければなりません。しかし、だからといって何があるんでしょう? 


 ということで、今年一年を振り返ってみます。

1月

 今月でらぶぞーが15歳となりました。1月の時点では既に寝たきりとなってしまいましたが、まだまだ食欲もあって、あと1年は……なんて思っていたのです。

 BOSS CP-1Xを買いました。

2月

 銀座を歩いていたら、TVの街頭インタビューを受けました。放送されませんでした。(笑)

 映画「この世界の片隅に」を観ました。とても良かったです。(小並感)

 Roland JC-22を買いました。ジャズコーラスがこの大きさで手に入る日が来るとは!

3月

 [80's Dream 90's Magic PREMIUM CONCERT]というライブに行きました。

 (敬称略)クリストファー・クロス、石井竜也、レイ・パーカーJr.&レイディオ、稲垣潤一らが出演。とても良いライブでした。

4月

 久しぶりに風邪をひきました。

 Fender American Elite Stratocasterの購入を本気で検討し始めます。この頃から狙いをつけた店舗とメールのやり取り。

 Ibanez Super Metal Miniを買いました。

5月

 特にありません。

6月

 山下達郎さんライブへ行きました。ホールでは初めて。最高に完成度の高いライブでしたね。

 そして次に角松敏生さんのライブ。こちらも盛り上がりました。楽しかった。

7月

 BOSS BD-2W、BOSS BC-2を買いました。

 そして結婚15周年。

 映画「忍びの国」を観ました。

 吉川晃司さんの武道館ライブ

8月

 今年も「サントリードリームマッチ」観戦できました。

 BOSS DS-1-4Aを買いました。今年1年のみの販売ということで、ずっと狙っていましたが、やっと買えました。

 らぶぞーのためにスポットクーラーを買いました。これで夏の暑さもどうにか乗り越えてくれました。

 BOSS DD-7を買いました

9月

 さだまさしさんライブ。初めての生さだ。喋りも噂通り、

 CROSSOVER JAPAN 2017へ行きました。久しぶりのカシオペア。野呂さんのギターは安心して聴いていられる〜。

 iPhone X発表。買えそうにない。

 猫達が10歳となりました。拾ってきてからもう10年。早すぎる〜。

10月

 高中正義さん日比谷野外音楽堂ライブ。案の定の雨!(笑) 雨対策はバッチリやっていきました。

 らぶぞーが永眠。15年と11ヶ月生きました。大型犬としては長生きしました。恐らく、人間に換算すれば100歳は超えていたと思います。

11月

 iPhoneのSIMを、データ専用からSMS対応に切り替え。これでスマホの友人とのやり取りが楽になりました。

 iOS版「どうぶつの森」リリース。ハマります。

 BOSS PS-6を買いました。オクターバー、ピッチシフター、ハーモナイザーとして使います。

12月

 高中正義さんクリスマスライブ。毎年、1アーティストのライブは1回と決めていたのですが、CROSSOVER JAPANでの不全感があまりにも強く、また行ってしまいました。


 駆け足で振り返った1年。一番の出来事は、やっぱりらぶぞーとのお別れですね。こちらも疲れ果てましたが、らぶぞーも疲れたことでしょう。

 ということで、次は年始のご挨拶から。書けるかな。(笑)

posted by いっとく at 13:13| Comment(0) | 年末