2018年11月09日

映画「ボヘミアンラプソディ」

映画「ボヘミアンラプソディ」

 Queenの自伝的映画「ボヘミアンラプソディ」が本日から上映です。私はすでに試写会招待に当選し、鑑賞してまいりました。ネタバレが過ぎるのもどうかと思い、今日まで寝かせておきました感想をここで公開としたいと思います。

 とはいえまだ観ていない人もいるでしょうし、ネタバレは許さん! と思われる方もいらっしゃるでしょうから、ここからしばらく改行させておきます。見たくない人はここで離れてください。

 感想は思いついた順にリスト書きです。そんなに長くありません。





















 20世紀フォックスのあのジングル(?)が、ブライアンのギターの多重録音なのが受けた。つかみはオッケー。

 幼少期は自分の容姿にコンプレックスがあったという話をネットで目にしたが、その辺のエピソードも見たかった。

 彼がどのような経緯で音楽的才能を手に入れたのかという描写がないので、突然出てきたパッとしないやつがいきなり作詞作曲の能力を発揮することに違和感しかない。もっと時間(=説明)が欲しい。

 ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーと、フレディ・マーキュリーの出会いのシーンがあまりにも割愛されすぎてて、なんというか、こう、「もっとあっただろ!」と、声を大にして叫びたくなる。知らぬ間にバンドの主導権を握っているあたり、「何があった?」と言いたくなる。ブライアンもロジャーも勝手にバンドの方向を決められて(そう受け取れる)、文句はなかったのだろか……なんて考えてしまう。(尺の都合で語りきれないのは仕方がないか)

 フレディの、マイクスタンドの先っぽだけを使うパフォーマンスのきっかけってこれだったのね。(笑) ……という、発見。

 結構早いうちから、ボヘミアンラプソディの曲がチラチラと出てくる。かなり長い時間かかってこの曲を暖めてきたのだろうなということが伺い知れる。

 フレディ役のラミ・マレックさんは、時折ミック・ジャガーにも見える。ということはフレディとミックは似てんのかな?w 他のメンバーもよく似てる。「似てる」と言う程彼らを知っているわけではないのだけど、違和感を感じない。いや、厳密に言えば、後半の短髪になったフレディは似てないと思うのだけど、Live AIDのシーンでは、本物と見比べても遜色ないくらいの動きなので、その辺を徹底的に研究したのだろうということが伺い知れる。

 一時期ソロ活動をしていたということはなんとなく知っていたのだけど、こんな事情があったのかと驚いた。だけど、この辺も描写不足。サラッと流していい箇所じゃないだろうと。とにかく時間が……。

 ポール・プレンターのクズさ加減にワナワナした。彼にも彼なりの言い分はあったとは思うけれど、ここまでクズに描かれているということは、この映画の制作に関わったブライアンやロジャーの怒りたるや、相当のものだったのだろうと推測。

 マスコミはどこに行ってもクズ。「真実を答えてください」ってのはマスコミの欲しい答えを言えってことであり、実に失礼極まりない存在ということはよくわかった。いやすでに知ってた。

 フレディは恐らく、寂しがり屋の甘えっ子なのかなと思った。だから相手の感情を確かめる意味でもひどいことを言ってしまう。これを理解してくれる人もいるだろうけれど、そんなのが通用するのは子供だけ。だから一人っきりになってしまう時もあったのだろうと思う。バンドメンバーはよくついていってたなと思う。確かに、フレディの居ないQueenは考えられないので、ついていくしかないのだけど。

 フレディは遅刻魔だったという描写がそこここに描かれるが、ソロ活動後にメンバーと再開する時は真っ先にやってきて、落ち着かない様子だったという対比が、なんだかおかしかった。

 Queenの楽曲は、なんとなく聴いていた程度なので、歌詞の内容まで深くは知らなかった。今回字幕でいろいろ知って、彼の歌は彼の生き様でもあったのだなということを感じた。

 僭越ながらフレディという人を一言で表すならば、「愛」だと思いました。「愛したい」し「愛されたい」という思いが人一倍強かったのではなかったかなと。試写会を終えてから彼のことをいろいろ調べてみると、そんな気がしています。

 ラストのライブエイドのライブシーンでの選曲は、メンバーも含めてフレディの寿命を知りつつ、よくもまともに演奏が出来たなと、プロの意地を見た気がした。フレディもよくあの状況であの歌が歌えたもんだと。いや、もう長く生きられないが故の、あの選曲だったのだろうなと思うとたまらないものがある。(※注:実際は、メンバーがフレディの病気のことを知ったのはライブ・エイド後というのが通説のようですが、ブライアンとロジャーが関わっている映画でこう語られた以上、これが真実なのだろうと私は思っています)

 ラスト21分のライブシーンは圧巻で、ものすごい迫力(小並感)でした。ここまででフレディやQueenのあれこれを知ってから突入すると、もう涙なくしては観ていられません。

 個人的には、間違いなく2018年度最高の作品だと断言します。

 以上です。2回目は今夜の予定。www

タグ:映画
posted by いっとく at 18:00| Comment(0) | 観劇等

2018年10月20日

TAKANAKA SUPER LIVE 2018 “BRASILIAN SKIES 40th” 野音 de カーニバル!! へ行く!

 高中正義さんのライブ「TAKANAKA SUPER LIVE 2018 “BRASILIAN SKIES 40th” 野音 de カーニバル!!」へ行ってきました。毎年恒例の日比谷野外音楽堂です。

 いつもの通りの、素晴らしい内容でした。

 でしたが、ここ最近、観客のマナーがなってないなと感じることが増えました。特にこの日の観客には本当に幻滅。

 特に野音は酒類を販売していることもあり、酔っ払ったおっさん連中が自席を離れどんどん前に出てきてしまい、さらには近くの観客に絡むという、最悪な客席となってしまいました。

 もう、今後はスタッフの指示に従わないなら退場させるなり、出禁にするなりの毅然とした態度が必要なんじゃないかなと。

 自分の隣の客はもういきなり酒臭くて嫌な予感がしてたんですが、演奏中に連れと大声で会話してたり(ヲレはお前の話を聞きに来たんじゃない)、とにかく酒臭いし、酔ってるからスタンディングでフラフラしてこっちに何度もぶつかってくるしで最悪。ここはお前の部屋か? 野音はお前の家か? 勝手気ままにやってんじゃねぇよと。いい年して周りの迷惑も考えられないのかと。(言わないけど)

 さらに、撮影禁止だと言ってるのに写真や動画まで撮ってる奴、さらにそれをSNSに上げている奴。マジでふざけんな。

 観客はコミュニケーションのつもりなのかもしれんが、声援の中には半ばヤジと取ってもおかしくないような、本当に頭の悪い言葉を投げる人もいる。高中さんが言い返さないのをわかっているからタチが悪い。

 今後は飲酒しての入場禁止と、スタッフの指示に従わないなら退場と、野音での酒類販売を禁止することを切に願います。

 さて、ライブについてですが、いろいろ書くとネタバレになってしまう(公式ブログに「ネタバレ禁止」とあるので)ためにちょっとだけ。

 今回のツアーも回数を重ねてきているのか、人見記念講堂のようなミスは少なかったですね。むしろ慣れてきていてノリも良くってとてもハイレベルに感じました。

 今回はBブロックの前の方のど真ん中ということもあり、音響がとても良かった。あ〜、ちゃんとステレオなんだな〜とか思ってみたりして。

 懲りずに来年も狙いますよ。

posted by いっとく at 23:59| Comment(0) | 観劇等

2018年08月24日

左足 下腿三頭筋 筋挫傷という名の肉離れ

 実は半年前の2月6日に、仕事中に脚を痛め、「左足 下腿三頭筋 筋挫傷」をやらかしました。労災です。要するに、ふくらはぎの筋肉を痛めたのです。

 状況の詳細は省きますが、やっちまった時は「あ、攣ったかな?」という感じだったのですが、何をしても元に戻らず。そして痛みだけが増え始め、少しずつ歩行不能に。

 時間が遅かったので病院は明日にしよう。と、帰宅して安静にしていたら夜になって寒気が。ありゃ? と思う間もなく熱がガンガン上がってきてしまい、もう寝る以外何もできず。

 これが火曜日で、水曜日〜金曜日は有休を使いひたすら寝てました。なにせ、歩けないので整形外科にも内科にも行けない。よって脚の状態も、この熱がインフルエンザなのかどうかもわからず。

 しかしインフルエンザだとやっかいなので、念のためを考え、外出禁止期間まで家で安静にすることに。結局これは内科にかからなかったのでなんだかわからないまま。

 1週間後に整形外科にかかった所、骨や腱には異常はなかったそうで、「左足 下腿三頭筋 筋挫傷」という診断でした。で、3週間安静と。医者はあっけらかんとしたもので、次回の予約も、痛み止めの処方もなく、「3週間過ぎたら治るよ」とでも言いそうな雰囲気。こちらは頭に「?」をたくさん浮かべながら帰宅。

 もうそこから大変。痛みは増す一方で、ふくらはぎに一切の接触、衝撃、そして力を入れることができない。やれば激痛で、ズキズキが収まるまで10分以上、その痛みは自然と涙がこぼれ落ちるほど。最初は普通の杖を買って家の中を移動していたのですが、とにかく左脚に一切の体重を載せられないので、1本じゃダメだ、2本で松葉杖のようにしないと。ということで、さらに追加で「ロフストランドクラッチ」というタイプの杖を2本買いました。↓こんなの。

 しかしこれでも、歩く際の僅かな衝撃が脚に響き、とにかくしんどい。昼間は在宅で仕事をしないとならないし、途中トイレにも行くし、食事の際にはキッチンへ移動しないとならない。

 ということで、今度はキャスター付きのスツールを買いました。

 安かったですが、思っていたよりしっかりした商品でしたね。価格から、もっとひどいのが来ると思ってました。(笑)

 しかし、これを使って座って仕事をしていると、当然ながら脚は身体の一番下へ行きます。するとすぐに血流かリンパか(わかりませんが)が下へ降りてしまうのか、ふくらはぎがパッツンパッツンになるほどむくんでしまい、それがまた新たな疼痛を生むようになってしまいました。

 しばらくはこの痛みと戦いながら仕事してましたがさすがに耐えられない。ということで、妻に「ロキソニンS」を買ってきてもらって服用するようになりました。

 服用初日〜4日目位までは良く効きました。痛みも半減。歩行も杖は使いますが、痛みに悶絶することもありません。すごいですね。

 しかしそこから慣れてしまったのか、飲んでも痛みが取れなくなりました。こうなるともう飲まない方が良い。てことで服用停止。ここからまた痛みとの戦いが始まります。

 この辺で負傷から2週間。当初の痛みよりも7〜8割という感じになってきて、痛いながらも耐えられるように。ロキソニンの服用もやめました。

 話は変わりますが、この間で2度ほど、スーパーに買い物に行ってみたのですが、備え付けの車椅子って、専用駐車場から離れたところにあるんですよね。まぁ普通は自分の車椅子を持ってくるものでしょうから、自分は特異なパターンなのかもですが、場合によってはフロアを移動(駐車場は3Fより上、車椅子は1Fでないと借りられない)しないとならないこともあり、この辺の環境は良くないなぁと思いました。

 これじゃイカンということで、車椅子の購入を考えますが、決して安くはありません。で、そうだ、レンタルがあるじゃないかと調べると、月額数千円と、これも意外と高い。まぁでもしょうがないかなーともう少し調べてみると、なんと、区で車椅子を貸してくれるという記事を発見。妻に調べてもらったらなんと3ヶ月無料!!! これ行くしかないでしょう! てことですぐに区役所へ行って手続き。レンタルだからボロいのが来るのかと思ったら結構新しい、ピカピカなのが来ましたよ。偉い! さすが!

 ということで、痛みが穏やかな日はなるべく外に出るようにしています。といってもまだ2回位ですけどね。

 生まれて初めて車椅子で外に出るという体験をするようになって、いろいろ気付いたことがあります。ちょっと羅列してみます。

  • 思っているよりも幅を使うので、スーパーの通路は気を使う。混んでる時間帯は行きたくない。
  • 自分の位置が下がるので、意外と周りの人の目に着いていない。
  • ただし、気付いてもらえるといろいろ気を使ってくれる人が多い。ありがたい。
  • 後ろから歩行者に抜かれると結構びっくりする。(追い越す時は距離を取った方がよさそう)
  • スーパーの棚は、上の方は取れない。見えない。
  • 歩いてる時より下の方に目線が移るので、普段通っているスーパーでも、見える商品が違う。

 やってみないとわからないとはよく言いますが、これも良い経験でした。いやとにかく自由は効かなくなりますね。いろいろが面倒になるので出不精になります。まだまだ世の中はバリアフリーには程遠いのかなという印象を持ちました。

 1ヶ月後にふと気付いたのですが、左の太ももが3割減くらいに細くなってました。また自分ではわからなかったのですが、妻曰く、「(車椅子で)腕が太くなってない?」とのこと。筋肉ってあっという間に萎むし、あっという間に成長もするんですなぁ。

 労災からもう半年が過ぎましたが、まだ満足に外出が出来ていません。外が猛暑で危険というのもありますが、どうにもすぐ疲れてしまって出不精になってしまってダメですね。

 今は整骨院へ転院して治療は続けていますが、なんとなく、これは一生治らないような気がしています。ここ3ヶ月位進展が見られません。日常生活に支障はありませんが、足首の可動域は左右一緒になりませんし、触れば痛みはあります。もうこの辺でケリを付けて、この痛みとともに歩んでいくことを考えなければならないのかなと思いつつあります。

 整形外科では筋挫傷という診断でしたが、恐らく、そんなものではなく肉離れだったのではないか……とは整骨院の先生。初期の治療でギプスを使用していればもっと完治は早かっただろうと。

 思えば整形外科でまともな先生に出会ったことがなかったのですが、今回もそうだったのかと。整形外科は疑ってかかれと常に思っていたことなのに、信用してしまった自分を呪います。あまりの痛みで正常な判断を失っていたのかもしれません。

 また、しばらくしたら進展を書いてみようと思います。

タグ:病床
posted by いっとく at 10:51| Comment(0) |

2018年07月25日

さようなら、いちご。

いちご

 各SNSですでに書いておりますが、我が家の飼い猫「いちご」が、去る7月25日の21:30頃に天に召されました。10年と10ヶ月、5日の命でした。

 ここから、異常発覚から今日までをざっくり書いていきます。自分の記憶の整理も兼ねて。

 いちごは2012年3月頃に血尿があり、クリニックで診てもらったところ、膀胱炎ということでした。獣医からはストルバイト対応のフードに変えてくれということで、「美味しくないようなので、食べないかもしれません」と言われていたのにガッツガッツで食べていたのを思い出します。

 良くなる気配がないので、2014年4月に転院。エコーで確認してもらいましたが細菌性の膀胱炎ということで、原因は変わらず。この頃から、所構わずおしっこをするようになってしまい、基本、3階建てのケージに入るようになりました。ご飯や遊びの時には出していました。

 2015年5月末、再びエコー検査にて、膀胱内に影があるのを確認。腫瘍の可能性も含みつつ、点滴を打っておしっこを促して、膀胱内洗浄も行い、様子を見ることに。これで小さくなれば腫瘍ではないと結論付けられると。これでしばらく入院していました。

 丸2日が過ぎて経過を聞きに面会へ行ったところ、なんと影は小さくなっていると! これで腫瘍の可能性は消えたと。そう思っていたのです。

 その後、定期的に膀胱洗浄や検査のために何度か通院。影は少しずつ大きくなっていました。

 2015年6月に再び入院。膀胱の影の大きさは変わらず。ただ、悪さをしている様子はないので、経過観察に。

 2015年7月。影は少し大きくなっていました。

 2016年4月。エコー検査で影が1cm以上になっていました。膀胱内なので外科的摘出も難しく、このまま一生付き合っていくしかないということを言われました。

 歩かせればそのたびにおしっこが出てしまうような状態。猫用の布団がすぐにダメになってしまう始末。しょっちゅう洗濯する必要がありました。どうにも、自分のタイミングで排尿できないようで、体を動かすのをきっかけに出てしまうようです。この頃から猫部屋でしっこ祭り開催。

 2016年12月31日、食欲がなく食べても吐き、様子もおかしいので、終了していたクリニックを叩き起こし、導尿と皮下注射。

 2017年に入ってから、あんまり食べなくなり、少しずつ痩せていきました。食欲がない分、まめにフードを変え、クリニックには導尿に何度も通いました。

 3月にまた入院。CPKという数値が2200を超えていて、膀胱も膨れ上がり、腸を圧迫していたとのこと。再度手術の相談をしたものの、膀胱の手術は骨盤にも手を入れないとならず、非常に難しい手術となり、術後のケアも大変だと言われました。

 退院時に「尿道がふさがっており、導尿しないともうおしっこが出ない」という状態と言われました。一回の導尿で5,000円ほどなので、毎日通ったら15万円。さすがに無理だ。食欲や排尿の様子を見て、おかしいようだったら連れて行くということになりました。自宅で膀胱圧迫を試すもうまく行かず。

 しばらくすると、どうも排尿しているようだ……ということが、猫砂の様子からわかりました。食欲はあまりない。通院は時々……というスパンになりました。時折血尿あり。

 6月頃、膀胱炎再発。薬や膀胱洗浄を行う。

 暇さえあれば、所構わずおしっこをしているような状態。出ていることは良いことだということで、経過観察。

 2018年5月頃から少し食欲が上がりました。排尿も出来ているようだ。時折通院。そろそろ医療費がやばいよねという話を妻とする。バイトをするか、貯金を崩すか……。

 ちゅ〜るに「ハイカロリー」や「総合栄養食」があるのを知り、大量購入。はじめは食べていたものの、これも食べなくなります。そしてどんどん痩せていきました。妻も、何を食べさせてよいのか考えあぐねている様子。

 通院も、治療メニューは変わらず。膀胱炎も治る気配なし。

 いちごのご飯に時間がかかるのと、食べ終わってからの甘えがすごい。無碍に突き放せないのもあり、夜中まで付き合うこともしょっちゅう。

 体重は健康時から1.5kgほども落ちていました。見るからにガリガリ。

 2018年7月7日、獣医から「治療はやり尽くした。後は最後まで後悔のないように付き合っていって」と言われます。まさかそんな。腫瘍の大きさは35mm×20mmの大きさになっていました。常に膀胱が膨れているので、おしっこをしたい気持ちになってトイレに行くが、なんにも出ない……を繰り返すようになりました。導尿のスパンは3日おきくらいに。

 とにかく食べさせようと、しょっちゅうペットショップへ行ってはたくさんのフードを買います。しかし、あんまり食べてはくれません。

 2018年7月14日、2週間ほどまともに食べないのでクリニックへ。抗生剤、止血剤等の注射。

 獣医に相談したら「吐かないのなら給餌器を使うのもあり」と言われ、注射器状の給餌器を買って食べさせました。

 自分もそろそろ覚悟を決めなければ……と気持ちを切り替える……なんて出来なかった。

 20187月22日通院。膀胱が固くなってきているとのこと。

 2018年7月25日に切り替わった頃、様子がおかしい。歩くのもやっとな感じでフラフラしている。真夜中なのでかかりつけ医には行けない。急遽「夜間救急動物医療センター」へ連絡して駆けつける。問診をし、「どこまで治療を望みますか」という話になったので、現状何で苦しんでいるのか、それが取れるなら取ってほしいというような話をした(あんまり覚えてない)。脱水していたので皮下点滴、導尿をする。その他なにか注射してもらったようだが覚えていない。午前3時頃に帰宅。

 夜が明け、妻がすぐにかかりつけクリニックへ。一時預かりで点滴。

 14:20にクリニックから電話。容態が急変したのですぐに来てくれとのこと。急いで駆けつける。

 これ以上の治療はできません。と言われて覚悟を決める。目の前で七転八倒しているのを見て「とにかくこの苦しい状態を和らげてほしい」と伝え、鎮痛剤のようなものを注射(なんだったか覚えていない)。これで痛みは取れるので、後は最後まで看取ってあげてくださいということで、いちごをつれて帰宅。

 小虎、小竜、たまちゃんに最後のお別れ。私達二人もつきっきり(で居たかったけれど、自分は仕事があったので時々離席。在宅でよかった)で見守る。呼吸は早いが、辛くはなさそう。暴れたりはありませんでした。

 21:30、妻が「呼吸が止まった」というので声を掛けるものの、そこで終わってしまいました。

 以上、最初の異常発覚から6年ほどでした。いちごもすごい頑張った。ですが、長生きはできませんでした。

 亡くなる前に「いちご、今まで楽しかったか?」と聞いたら「カッ」と息を吐くように返事してくれました。なんと言いたかったのかわかりませんが、ウチのコの中では一番よくお返事してくれたので、最後まで返事してくれたのは嬉しかったです。

 今はもう目の前にいちごはいません。未だそれが受け入れられません。返事もない。触れもしない。記憶だけしか残っていない。過去にいろいろペットは飼ってきましたが、これほどに居ないことが堪えるコはいませんでした。

 亡き父親から「生き物はいつか死ぬ。だからそのことを悔やんではいけない。それまでの時間を悔いなく過ごせれば悔やむこともない」というようなことを言われて育ってきました。いちごには、可能な限り、やれることを精一杯やってきました。それに後悔はありません。しかし、居なくなったという事実はどうにもこうにも……

 でもいちごはこんな自分の姿を望んではいないはずです。今は泣きたいほどですが、少しでも早く、いつもの生活に戻りたいと思います。

 長々と、ありがとうございました。

タグ:いちご
posted by いっとく at 23:59| Comment(2) |

2018年06月20日

iPad 9.7 2018版をゲト!

 iPad 9.7 2018版を買いました。これには紆余曲折があったのですが、まぁ個人的なことは省きます。

 これまでずっと、iPad 3を使ってきました。2012年購入です。もう6年ですか〜。まだ実用にはなりますが、さすがにいろいろ動作が重たくなってきたこと、最新のアプリでいくつか動かないものがあること、Wi-Fiモデルのため、GPSが搭載されていないのが寂しい(笑)ことなど、いろいろあって買い替えを検討してきました。

 本当は、大きさ的にiPad miniの後継機をずっと待っていたのですが、一向に出る気配がない(ここ最近でやっと噂らしきものが出てきましたが、出ない可能性のほうが高い感じ)。そうこうしている間に、価格を抑えたこのiPad 9.7(以後 iPad 6)が出てきてしまい、いろいろ調べているうちにこれでもいいのかなぁと。

 買ってみたらやってみたいと考えていたことは、

  • GPSを使用したカーナビ的利用。
  • 大画面でポケ森をやりたい。
  • Apple Pencilとで、仕事に役立てたい。
  • JumUp Proをまた試したい。
  • Amazonプライム動画再生。
  • 出張のお供に。

 ……等々。

 で、去る6月20日、私用で休みを取っていたのですが、その私用がなくなってしまい、ぽっかりとできた時間。これは行くしかないだろうということで、妻を連れて銀座へ。そしてとうとうゲットですよ!

 むしゃくしゃしてやった。後悔はしていない。

 いやなんせ、仕事でもストレス溜まりまくりですし、たまにはお布施をして発散せねば!

 ひとまず、ケースを買いました。Apple Pencilも収納できるタイプです。しかしこれ、意外と重たい。重たいということは、耐衝撃性には有利なはず。ということで、これは外専用とし、もう一つ、少し軽いケースを選びました。

 左:先に買ったもの 右:後に買ったもの

 

 右側、あとから買ったESRのケースは、価格の割にはしっかりしていてコスパ高いです。重量は実測で169gでした。

 左側のブランドも書いていないどこの馬の骨ともわからないケースは、実測で258gです。その差は89gと僅かなものですが、ESRはApple Pencilの収納箇所が無い分、iPad本体と同じ幅でスリムです。そして裏がスケルトンでアップルマークが透けて見えます。この作りもなかなかニクイ。

 ただどうもESRは本体とカバー部に隙間があるのか、しばらく使っているとホコリがはいってしまいます。カバー部は透けているのでそれが見えてしまい、精神衛生上良くないですねぇ。

 動作やバッテリーの持ちに関しては満足です。なかなかストレスなく動きます。バッテリーも、1日中使いまくっても少し残ります。たまに使う程度であれば2日以上持ちそうです。

 使っていて思うのは、やっぱり文字入力はやりづらい。キーボードは必須ですね。まだどこのキーボードが良いのか決めかねているので、今はApple純正のWirelessキーボードを使っています。

 GPSを使ったカーナビ代わりのテストはまだやっていません。というのも、やはりiPadを車内に固定するのに良い方法が見つからないためです。

 とりあえずサクサク動いて心地よいです。しばらくしてまた書くことが出てきたらアップデートします。

タグ:iPad 物欲
posted by いっとく at 23:59| Comment(0) | Apple